親子で楽しく学べるCOTOCOTO

0歳から通える食育&料理教室「YaTTa!」、食事相談「Relief」を運営しております。

cotocotoが会社として大きくしたい3つの理由

お久しぶりのブログになってしまいました。

 

少し集中して今後のcotocotoを考えておりました。

私は、現在フリーの管理栄養士として、個人事業主として、活動していますが、

将来会社として、大きくしたいと思っています。

 

そこを会社にしたい理由をお話します。

 

 

そもそも私がフリーになった理由

f:id:cotocoto2018:20191124045245j:image

そもそも私がなぜフリーランスになったか?

その記事はこちら↓ぜひ読んでください(*^-^*)

 

www.cotocotomisaki.com

 

一番は、子どもが生まれたことで、私のモヤモヤが弾けました!

 

自分がママになって、悩むことも増えたし、

ママってこんなに大変なんだ・・・と実感しました。

 

そして、子どもの環境がいかに大事か、、、

ママだけじゃないですが、意識の違いで子どもの成長に大きく影響することを身をもって感じました。

 

仕事のあり方や、女性がどう活躍していくのか

 

仕事と家事、育児のバランスをどう上手く付き合っていくのか?

 

それを子育て真っ最中の私だからこそ、

今のママ達の悩みをリアルに聞ける。

だから、

フリーの管理栄養士 元木美咲として商品としたかったのがきっかけです。

 

cotocotoは個人事業主で終われない

f:id:cotocoto2018:20191124045703p:plain


 

cotocotoは、私元木美咲の屋号です。

意外とcotocotoという屋号は、食関係ではあるようです。

決めたときは、同じような名前の方を調べた訳ではなかったのですが、

私もそうですが、響きが可愛いので、

cotocotoはとても気に入っています。

 

ちなみに屋号を考える際、

擬音語を必ず使いたかったのは、五感で食を感じてもらうことが、まずはコンセプトにあったので、赤ちゃんの絵本でもあるような、分かりやすい擬音語を屋号にしたかったんです。

 

この屋号は、次男を出産して1ヶ月ぐらいの睡眠短め、母乳が出ないし、体重増えなくて悩んでいるときに決めたのを今でも覚えています。

今から約2年前ですね。

 

 

元々、フリーになったのも普通に料理教室や栄養相談をして子育て優先で、ゆっくり生活できたらいいなー♪

 

なんて、全く思っていなくて(^_^;)

 

本気で、徳島の問題や、管理栄養士の問題や、食の問題を解決したくてフリーになったので、食育をビジネスとしてやっていきたい!

経営者として、やっていきたい!

 

そうじゃなかったら、旦那は今こうやってフリーになることを許してはくれなかったと思います。

 

cotocotoの以前の経営理念

f:id:cotocoto2018:20191124045827p:plain


私は今年の4月に、長男、次男を保育園に預けて本格的に活動しております。

で、去年から経営理念、ビジョン、ミッション作ってたんですよね。

 

あ、経営理念、ビジョン、ミッションの説明は・・

  • ミッション:社会的使命
  • ビジョン:組織の将来像
  • バリュー:価値観・行動指針

という、3つの要素を明文化したものです。

 

 

 

ちなみに、cotocotoの今までのはこちら↓

【経営ビジョン】

とくしまを長寿県に、食育県に

 

【ミッション・使命】

とくしまの特色を発見する中で、個々で問題を見つけ出し、解決となるよう継続した支援をする

 

【経営理念】

徳島を愛し、愛され、楽しく!おいしく!ワクワクする食卓を

 

いやいや、今みてもめっちゃ抽象的ですやん。

夢見過ぎやろ!と突っ込みたくなる内容で、、、フワフワしてますね笑

 

ちょっとビジョンが大きすぎるのと、それって経営として成り立つのかが、自分にもまだよく分からない状態でした。

 

よくね、旦那に言われているのが、

良いこと考えた!ってよく言うけど、それってお金になることなん?

 

・・・。

 

そう、、、

女性に多いかなっておもうんですが、

お金になるかならないか?

よりも人のためにどう行動したらいいのか?を考えることの方を優先してしまいます。

 

どちらも大事なんですよね。

ただ、経営となると、とても自分の中で興味がない世界になりまして、

全然アイデアが出ない。。。

 

という感じだったんです。

 

でも、いつまでも1人で料理教室をしたい訳でもないし、

 

私がやりたいことは、食で人を感化させたいんですよね。

感化って、人に影響を与えて、心、行いを変えさせること。

なんですけどね。

 

それが、どうビジネスに結びつくのか?を

ずっっっっっっっっと、悩んでおりました。

 

今、とくしま創業塾(応用編)に週1回夜通ってましてね。

とても勉強になるんですよ♪

 

 

あと、

逆算手帳で来年、自分がどう動くか?

1年後、3年後、10年後、どんな自分でいたいか?などを仕事だけじゃなく、家庭、趣味とのバランスのことを考えて見つめ直しています。

 

www.cotocotomisaki.com

 

そして、今「社長のかばんもち」という創業支援で、株式会社クラッシーの植田貴世子社長とのお話を通して見えてきたcotocotoの展開。

食育をどういう手段で経済価値化するのか?

が明確になりました。

 

正直、私が「徳島を食育県にしたい!」なんていうことに、

直接私に向かって、批判的な意見をする人今のところ、誰もいないです。

 

でも、批判されないってことは、

夢物語なんだろうなーと薄々感じていました。

 

cotocotoの新しい経営理念(より明確に)

 

f:id:cotocoto2018:20191124045957p:plain


さまざまな経営者のお話を聞いていると、

ビジネスって言うと何かお金からむから、めっちゃ儲けたろ!みたいなイヤらしいイメージがあるかもしれないけど、

全ての人がそうではないと気づかされました。

 

お金がなかったら、生活出来ないですし、夢は自分の調理実習室がもてるような家に住むことです。

今キッチン借りるの本当苦労してます(^_^;)

それに、優雅な生活したいですよ笑

 

旅行、家族といっぱい行きたいです!

 

で、cotocotoの最初の「徳島を食育県に」するには、

まずは資本がなかったら、口だけでは誰も動きません。

 

大きなことをするには、それなりのお金が必要なのです。

 

私の目指す食育の質を常に向上させるためには、徳島で学ぶだけでは全く身になりません(;_;)

どれだけ、遅れてるの??ってどの分野もそうでしょうが、なってます。。

県外で勉強したいし、本当は海外の保育園など視察だってしたい!

 

そのために、ビジネス目線でcotocotoを考える作業を改めて作りました。

 

経営理念:ミッションを実現していくために、会社として大切にするべき価値観のこと
「Inspiring people with food ~食で人を感化させる~」

 

ビジョン:ミッションを前提に具体的に将来、自分が「こういうふうになる」という像を明確にしたもの
「食育が乳幼児教育の一つとして捉えられる世の中をつくる」

 

ミッション:「自分たちは、これをやらなければ活動する意味がない」といえる本質的なもの
「圧倒的食育教育をつくる!」

 

バリュー:「信条」「志」「約束」を意味する言葉で、一人ひとりが行動する際の具体的な行動指針
*個々の強み、個性を活かした尖った専門家となる
*子どもの可能性を引き出し、最大限尊重する
*個々の特徴を理解した上で、家族全体の健康を考える

 

 

で、これが以前の理念よりも更に明確で、今の自分が最大限しっくりくる内容です。

 

常に自分の中で、迷ってもブレないようにするために、

手帳に挟んでおけるサイズで印刷しています。

 

特に、皆さんの今の認識って、食育にお金かけるって環境ないですよね。

 

徳島って特に、食にお金かけないんです笑

 

飲食店はとても分かりやすくて、

安くて、ボリュームがって、油や砂糖でコーティングされた、味の濃いチェーン店がいつもいっぱいです。

 

食にはお金かけないのに、服や靴にお金かけてるんだって!

え??

そんなオシャレさんいる??笑

 

京都や大阪の人よりもファッションにお金をかけているそーな(^_^;)

news.mynavi.jp

 

かけてる割には、全くファッションにこだわってる町感を感じさせないのが、本当残念ですよねー笑

 

それも含めて、徳島だけでcotocotoを大きく出来るとは思っていないのですが、

根本的には「徳島を食で盛り上げたい気持ちがある」ので、いつか私がCEOとかかっこ良く名乗った日には、還元できるような立ち位置になれば、幸せこの上ないですよね。

 

 

cotocotoが会社として大きくしたい理由その❶

f:id:cotocoto2018:20191124050559p:plain


ということで、cotocotoを会社にしたいんです笑

今ね、フリーになって感じることが、

パートぐらいのお金を稼ごうと思ったら、どれだけ苦労するか?

 

ほんま、パートぐらいのお金が欲しいんやったら、私何も考えずパートやりますわ・・

 

ほんで、ボランティアで保育園やら、幼稚園やら食育活動してまわりますわ。

私の食育は、「想い」「個々の個性」をもっとも大事にしているので、そんじょそこらの食育とは違いまっせ。

 

それを選ばない理由

 

cotocotoの食育が価値あるものにしたい

 

食育って、当たり前の生活の一部なんですよね。

3食食べて、子どもは間食も食事の一つですからね。

 

トイレよりも回数多い?!

毎日の生活の中に欠かせないものですよね。

で、それって、人の性格や考えにも影響するし、

何よりも身体をつくるのは食ですからね。

 

誰に、どこで、どんな手段で、食を育むのか?

 

これは、今の現代に必要なスキルであり、価値を高めることで、食育に関する意識を変えたい!そんなことを考えております。

 

 

 

cotocotoが会社として大きくしたい理由その❷

f:id:cotocoto2018:20191124050858p:plain

管理栄養士=白衣という概念もやめたい


私は、管理栄養士です。

とここで、質問!

 

皆さん、栄養士と管理栄養士の違いしってます?

 

知らないですよね?

栄養士のちょっと毛が生えたやつが、管理栄養士?

 

先日調理実習行った、中学生に栄養士は何するか?って聞くと、

栄養価計算や献立立てる人・・・

 

みたいな。回答がかえってきました。

 

間違えはないんですが、そこがすごくモヤモヤしてた部分でしてね。

 

私、浪人して管理栄養士の大学に入ってます。

正直浪人しなくても、ここの大学には入れました。

でも、浪人したことで、管理栄養士に本気でなりたい!と心から思えました。

だから、おそらく私自身、浪人してまで管理栄養士になってるから、人よりも管理栄養士のポテンシャル高めです笑

 

いざ、管理栄養士になってみると、

病院、老人施設には管理栄養士の求人はあるものの、

保育園、学校関係は、栄養士の求人。

 

管理栄養士の資格を持っていても、栄養士として、雇われいる。

 

そこに、とっっっっっっっっても違和感を感じていました。

 

元々、病院や老人施設で働くつもりは一ミリもなかったので、

一生懸命勉強して管理栄養士とっても、就職先は栄養士なんだろなと、

なんか、2年で卒業すればとれる栄養士と一緒にされることがとってもイヤで笑

管理栄養士は4年大学です。

栄養士免許をとって、実績を積んで管理栄養士を受験する方もおいでますが、

仕事と勉強することはかなりの苦労なので、その方法では合格率5~30%とかなり低いです。

 

管理栄養士は国家資格なので、合格しなければ資格はありません!

 

 

そこに価値はないのか?とずっとモヤモヤしてて。

 

乳幼児の食育を、管理栄養士が担うと堂々と言える社会にするのが、私のミッションなんです。

 

実際今、

管理栄養士よりもすぐれている栄養士もいらっしゃいますし、

資格もってなくても、食にお詳しい人ってたくさんいらっしゃるじゃないですか。

 

 でも、それでも管理栄養士に聞きたい!相談したい!と思ってくださる人は、少なからずいるわけです。

 

AIに負けない管理栄養士になるためには、ただ一つなんです。

 

ふつうの管理栄養士として売らないこと。

 

献立たてる、栄養価計算する、栄養相談する。

 

そんなん、AIがしてくれますよ。今、アプリやらいろいろ便利な機能あるでしょ。

 

管理栄養士って実際どんな仕事する人なん?

って知らない人、 いっぱいいます。

 

個々の強み、個性を活かした尖った自分だけの専門職として、生きていくのがこれからの時代だと思っています。

あくまでも管理栄養士はツールとして。

 

で、しかも東京や大阪はフリーの管理栄養士がたくさんいらっしゃいます。精力的にご活躍されて、ブランディング力もとても上手です。

 

が、この徳島には、フリーの選択肢がない・・

普通に、病院や老健、学校、保健所で働くのが当たり前。

イヤやったら、全く別の職種につく人も少なくないです。

 

栄養士、管理栄養士がさまざまな場所でイキイキ働ける場を開拓するのは、

おそらく資格をお持ちの方は皆さん願ってることではないでしょうか?

 

管理栄養士の地位向上のためにも、私は会社として大きくしたい!そう強く思っています。

 

cotocotoが会社として大きくしたい理由その❸

f:id:cotocoto2018:20191124051104p:plain


徳島だけで終わりたくない。

正直、そんなことしてる人が徳島にはもちろん、全国どこにもいないんです。

あ、もしかしたら東京にはいらっしゃるかもしれないです。

 

でも、私が調べた限り、管理栄養士の経営者で、ここまで打ち出して、管理栄養士の価値、食育の価値を唱ってる人いないです。

 

実際、「徳島を長寿県、食育県にしたい」と言ってますけど、

徳島、食意識低いんです。

長寿県にするためには、誰もが食育の価値を共有できる手段が必要なんですが、ボランティアでは続きません。

私の体力もポテンシャルも、経済的にも。

 

 だから、必要としている人に提供しないといけません。

それは、徳島に限らず、全国どこでも必要としている人に、私の食育の価値を共感していただく必要があります。

 

東京で活躍している徳島出身の元木美咲と名乗ると、知らなくても興味を持つのが、徳島です笑

 

徳島を盛り上げたいから、全国進出する。

そんな感じ(^o^)

 

最後に・・・

構想はもうしっかりすぎるほど、明確になりました。

もちろん、行動しながら常に頭のなかでcotocotoをどうしていくのか?を考えていますが、経営理念を変えることは今後絶対にないと思います。

 

行動指針も明確になり、手帳に常に挟んで迷ったとき、見るようにする予定です(^o^)

 

最後まで、この長い文章お読みいただきありがとうございます。

 

 ご連絡、お問い合わせ先はこちら↓

LINE@:@ika4462w

友だち追加

 

 

 ポチッとしていただけると頑張れます↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村