親子で楽しく学べるCOTOCOTO

0歳から通える食育&料理教室「YaTTa!」、食事相談「Relief」を運営しております。

塾いくよりも食の選択力をつけた方が学力が上がる理論

うちの息子はまだ塾に行くような年齢ではないのですが、就学前だからこそ、脳は食事でできているということがよくわかりました。

 

べビマ&離乳食教室もぐもぐほっぺの会では、育脳について月1回各食材毎にお話ししています。

 

 

頭の回転が速い人は食事が違う

f:id:cotocoto2018:20191107023326p:plain


脳は3歳までに80%成長するといわれています。

だから、3歳までの土台はとても重要です!

 

味覚の幅が広がるのもこの時期までにいかにいろんな食材に触れているか?です。

 

触れている?

 

そう。食べなくてもいいです。

触ったり、においかぐだけでもいいです。

 

それで、五感が研ぎ澄まされるので。

 

いつか、食べてみようか?という食べよう扉の鍵が開く瞬間が必ずあります。

 

東大生が食べていた食事

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 食べ物(写真), 料理, 日本料理, 和食, 朝食, 朝, ご飯, 卵焼き, 冷奴(ひややっこ), 味噌汁(みそ汁), 梅干し(うめぼし), 和食(55)

 

東大に受かった学生さんが、毎日食べていた食事を聞いたことがあります。

朝食、お米、和食の人が断然多かったらしいです。

ごはんをしっかり食べて、肉や魚などたんぱく質をしっかり摂りつつ、野菜でビタミンミネラル補給とバランスのとれた食事でした。

 

ure.pia.co.jp

 

私は、塾に通うよりも食事を正しく見直すことで、学力や体力も変化すると思っています。

 

ある一冊の本に出会い、成長する我が子と重ね合わせて考えた

 

 

 

 

 私は、糖質制限を推奨しているわけではありません。

逆に、糖質制限とくくってしまうと、糖質悪になってしまうのは違うなという考えです。

 

でも、塾にご飯が出てくるのって、すごく共感できました。

そして、実際食を正すことで、

3歳までが80%完成しているといわれていますが、

小学校から高校生でも絶対変わります。

 

学力もそうですが、体力も、というか性格も。

 

実際オーガニック給食で学力が上がった県がある

 

toyokeizai.net

 

小学生以降は、食べられる土台が出来上がっているので、

まず今までコンビニのラーメンやポテト食べてる生活の子が、

出汁をちゃんととった煮物をすぐには食べませんよ。

 

そこで必要なんが、管理栄養士です。

 

 

管理栄養士は、栄養価計算したり、献立立てる仕事だと思ってるでしょ?

 

それも大事なお仕事なんですが、

管理栄養士は、本来、栄養の勉強をしてきたのですから、

人にわかりやすく、この食材を食べるとこうなるというお話ができなければなりません。

 

こんな栄養があるから食べようねー。

 

は、普通の管理栄養士。

 

そんなん誰も食べないですよ。

 

なんで、食べないの?

から始まって、

 

その子がなぜ食べたくないのか?を聞き出して、

選択肢を増やしてあげるのが、管理栄養士の仕事だと思ってます。

 

あの手、この手はその人によってテクニックを変えていますが、

中学生でも十分間に合いますよ。好き嫌い克服。

 

 

そんなことしてたら、イライラもしなくなって、なんか落ち着いてきて、

 

集中力が上がり、学力も向上するんだと思うんです。

 

別に、私は教授じゃないし、それを調べるのは興味ないので、誰かに研究してほしいんですが(笑

 

 

人は、心で行動が変わります。

新しい考えを受け入れたとき、新しい世界に入っていけるのだと思います。

 

徳島でも塾に栄養のある食事をつけてほしい

私は、管理栄養士の職場は、病院や老人ホーム、保育園に限らないと思います。

予防の管理栄養士が少なすぎます。

 

だから、いつまでたっても糖尿病死亡率ワーストからなかなか抜け出せれないんだと思います。。。

 

 

だから、塾に管理栄養士が献立立てて、食事提供してもいいと思ってます。

そこで、地元のオーガニック食材提供とかしてくれたらなお、盛り上がりますね。

 

 

塾に管理栄養士をチームとして協力できる方、どなたかいらっしゃったら、ご連絡くださーい♪

 

 

やりたい!ピンと来た!方はご連絡くださいねー(*^O^*)

 

LINE@:@ika4462w

友だち追加

 

 

 ポチッとしていただけると頑張れます↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村